お彼岸やお盆の納骨堂の混雑具合

お彼岸・お盆の納骨堂は混雑する可能性が高い

お彼岸・お盆はお墓参りに行く人が増える時期でもあるため、当然納骨堂にお参りする人たちの数も増えます。特にお盆休みなど一般的に仕事が休みの時期になると混雑する可能性は高くなるでしょう。

多くの納骨堂は事前予約などがないため、このような時期になるとどの納骨堂も混雑が予想されます。

納骨堂のお参りに順番待ちは発生する?

自動搬送式の納骨堂でそれなりの規模の場合、ご遺骨が出てくるお参りスペースが複数用意されていること、またお墓と違い掃除の時間などはないためお参り時間は比較的短くなることが考えられるのでお彼岸もお盆も行列ができるほど混雑することはないと言えます。

お墓の場合はお墓を洗ったり、周辺の雑草をキレイにしたり掃除をしたりして、生花と線香をお供えして・・・とやることが多いのでお墓にいる時間が長くなりますが、納骨堂はそんな手間がありません。1組のお参り時間は想像するよりも早いことが多いのです。

東京の勝林寺の納骨堂は

東京都の駒込・巣鴨エリアにある勝林寺でも例外ではなく、お参りが集中することが考えられます。基本的にお彼岸、お盆のシーズンはどこも混み合ってしまうんですね。

その際は、本堂と納骨堂の裏にあるお墓や草木を愛でながらゆっくりと豊かな自然を楽しんでください。都心のビルの中にある納骨堂では味わえない、お寺とお墓、自然を感じることができるでしょう。これこそ納骨堂にお寺を選ぶ大きな意味ではないでしょうか。

また、本殿の中には1階に休憩スペースもあるため、暑い時期などは中に入って休むことも可能です。

勝林寺の納骨堂は40万円~ととてもお手頃。ご遺骨は粉骨とパウダー状にすれば1つの納骨堂に複数のご遺骨を納骨できるため経済的にも助かりますよね。詳しくは下のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

勝林寺・納骨堂のお問い合わせ
お名前
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

勝林寺・納骨堂の受付担当、株式会社中島石材・中島が内容を確認し、折返しお返事致します。
お気軽にお問い合わせください。

納骨堂に納められる人数は? 通常の御遺骨は1~2名、粉骨しパウダー状になると10~15名収めることができます。
納骨堂の料金は何名納めても1壇40万円~と価格は変わりません。
自分の宗派がわかりません 勝林寺では過去の宗派を問わず納骨が可能です。当然無宗教の方も問題ありません。
自分の納骨堂を生前に購入できますか? 生前の納骨堂購入は可能です。最近はお墓を買わず最初から納骨堂を選ぶ方も増えてきています。
自分の死後、納骨堂はどうなりますか? 死後、原則12年(13回忌まで)使用期限が続きます。
その後、納骨堂を継承する方がいない場合は納骨堂内の合祀壺に勝林寺住職が責任を持って合祀いたします。
納骨堂継承は無料ですか? 無料です。御遺骨をパウダー状に粉骨することで10名以上同じ納骨室に収めることができますので、負担が少なく継承されることをお薦めします。新たに納骨堂を購入したりお墓をたてることになると改めて大きな出費となってしまいます。今後のお子様たちへの継承をお考えの場合など、お気軽にご相談ください。
年間にかかる維持費はいくらですか? 護持会費として年12,000円かかります。
このほかに春彼岸・施餓鬼会・お盆・秋彼岸の4行事が行われます。そこに参加される際は、供養にかかる費用3,000円~をお願いしています。詳しくは営業担当の㈱中島石材が事前にご説明しますのでご安心ください。

気になる納骨堂の疑問